タイムトリップチャンネル!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    野の仏

    (続く)としておきながら、もう何年!?
    ほったらかしでごめん。

    ------------------------------------------

    Eの家では日曜になるといつもの仲間が集まって、ぐだぐだ、、。
    今思えば、いったい何やって過ごしてたんだろう?

    ゲームやトランプ、自転車で外に出たり、音楽聞いたり、
    テレビを見たり、とりとめのない話して、、
    正月にはカイトあげたり、お盆には花火したり、、

    ♪この頃さっぱり~釣りはだめ~ですとこうせつ君が言う
    野の仏笑ったような~笑わぬような~

    「こん曲、なんか、のどかで良かね~」

    「野の仏って、いったい何やろか?」

    「道端によくあるごたる地蔵さんじゃなかと?」
    「ん~このあたりの道端にあるっけ?」

    こんな話をしていたのは中学時代?高校時代?
    Eからギターを1万円で譲ってもらったのは
    中学2年だったか、もう、すべて記憶が曖昧。

    ギター手にいれてから、ウチや友人の家に集まってはギター弾いて歌っていた。
    中学、高校、大学と録音していたテープをまとめたのがこれ。

    その時々で違うメンバー、数えたら10人はいそうだ。
    関係ない人には聞くに堪えないだろけど、、(苦笑)
    自分で歌ってるのは2曲あった。



    こっちの方が古い

    40~45年前頃のテープ。やっぱり、あの頃、楽しかったなぁ。(遠い目)

    関連記事
    スポンサーサイト

    吉田拓郎 魔の神田共立講堂

    オールナイトニッポンで放送された貴重なLIVE

    司会:南こうせつ・山本コウタロー
    ゲスト:遠藤賢司・かまやつひろし・小室等ほか。

    演奏曲目

    1.今日までそして明日から
    2.また会おう
    3.暑中見舞い
    4.ビートルズが教えてくれた
    5.からっ風のブルース

    ~弾き語り~
    6.蒼い夏
    7.祭りのあと
    8.ある雨の日の情景
    9.制服

    10.春の風が吹いていたら with四角佳子
    MC~伽草子 by小室等
    11.伽草子 with小室等

    12.地下鉄にのって with猫・ラニアルズ
    13.おきざりにした悲しみは
    14.長い雨の後に
    15.新しい朝
    16.人間なんて

    (吉田拓郎大全集より)
    ---------------------------------------
    無情にも「新しい朝」の前でカセットテープ終了(泣)
    ---------------------------------------

    当時、中学3年生。このツアーでは長崎でもコンサートが
    あり、友達数人と汽車に乗って泊まりがけで行った。

    乗る車両を間違えて途中で長崎とは反対方向の
    佐賀方面へ。肥前鹿島駅で折り返した記憶があるが、
    この時のことだったか実は少し自信がない。

    長崎市まで行くのは直行バスが行きやすかった
    筈だが、この時はなぜ汽車で行ったんだろう。
    自分達だけで行く初めての冒険 汽車の旅。
    ※そういや東京では汽車なんて言葉、
      使うっけ!?都会では電車に小学生でも
      乗ってるけどね。

    コンサートが始まる前に喫茶店に入ってカレーを
    食べたけど、値段は高いのに、なんで
    こんなに量が少ないんだ!?て、ちょっと憤り。

    吉田拓郎大全集によると

    吉田拓郎リサイタル
    8月4日(金)長崎国際体育館

    そうそう、会場は松山町の、今は市民プールになってる所。
    喫茶店は線路を渡る手前の建物の2階。。
    だったと思う。
    この頃はリサイタルって言ってたんだね。

    1973年6月にLP「伽草子」発売。

    6月のイメージは紫。伽草子の歌詞カードの色。
    ※以前にもこのBlogに書いてる。

    カオルが買ったそのLPを友達何人かと聴いた。

    カオルの部屋はまだ建て替わる前の古い部屋
    だったけど、当時扇風機全盛の時代、個人の家には
    まだ珍しいクーラーが、部屋についてたような。
    ※エアコンて言葉はいつ知ったっけ?

    もう、40年以上も前の話。

    記憶が所々曖昧になってるけど
    それらの曲を聴くとその頃の空気感が蘇ってくる。

    その年12月にLIVE’73が発売。

    その当時、日曜日にはよくEの家に
    集まってたっけ。
    ------------------------------------------

    (続く)

    関連記事

    YELL いきものがかり

    最近知った曲。

    第60回 紅白歌合戦 いきものがかり -YELL 2009.12.31 投稿者 Mugen3733

    ドライブのBGMには女性ボーカルがいいと
    新しめのものをいくつか借りてきたんだ。
    普段聴いているのは懐メロばっかりで
    せいぜい倉木麻衣あたりで止まってた。

    車の中で流して聞いていたら
    「あれ?いい感じ↑」
    何度か聞き直して
    名曲に決定!

    って
    オレが決めなくても、、

    分かりやすい歌詞もいいし、
    サビのフレーズで「うぉ~」と
    盛り上がる卒業ソングだね。

    君にYELL




    関連記事

    パフ  ピーター、ポール&マリー

    思えば、
    ボブディランもピーター、ポール&マリーも
    拓郎のオールナイトニッポンで知ったっけ。



    ML  1999/10/06 01:58 
    Re:フォーク (ロッキーさんへ)
    送信者 ミラージュ

    ミラージュです。こんばんは。

    > おお!
    > やはりやっていた人って、けっこう多いようですね。

    僕らの年代は、みんな一回はギターにさわっているのでは
    ないでしょうか。「ボーイズ・ライフ」なんて本がありまして、
    それにギター教室なんかがありましたよね。それに
    「ガッツ」とか「ヤング・ギター」なんて、ギター教習の
    ための雑誌もありましたし・・・。そう言えば
    「新譜ジャーナル」なんてのも、よく読んでおりました。

    > モダンフォークではなくて、本当のフォーク、カントリーアンドウエス
    > タンあたりでしょうか?

    名前こそは、「アメリカ民謡研究会」なんて仰々しいものでしたが、
    やっていたのは日本のフォークでしたね。私は、男性二人、
    女性一人三人グループを組んで、赤い鳥の「翼をください」なんてのを
    一生懸命練習していたのを覚えております。

    僕がめざしていたのは、ピーター・ホ゜ール・アンド・マリーでしたね。
    しかし、あの複雑なコーラスはさすがに真似ができませんでした。
    仕方がないので、「パフ」とか「風に吹かれて」をユニゾンで
    歌っておりました。情けない話しです。ただ、ギターの
    スリー・フィンガーはできましたけど。
    (今は、勿論、できません。)

    > まったくそうですすね。
    > けっこう影響を受けていました。
    > 当時は岡林の生きざまにも共感したものです。

    あの頃の名古屋のYWCAのビルの屋上で、「中川イサト」の
    コンサートがありまして、それを見に行った覚えがあります。
    「中川イサト」は、岡林系のプロテスタント・ソング・シンガー
    でしたよね。

    > KBS京都ラジオ(当時近畿放送)のオーディションを受けに行ったと
    > き、前で歌っていたグループが、のちの「赤い鳥」だったとは、不運と
    > しか言いようがありませんでした。(笑)

    確か、ヤマハのポップ・コン・コンテスト
    (名前はこれで良かったですかね?)で
    1位が赤い鳥、2位がオフ・コースなんて、
    すごいときがありましたよね。
    オフ・コースのデビュー曲「群衆の中で」は
    今でも、覚えております。
    あの頃は確か、小田さんと鈴木さんの二人だけ
    だったと記憶しておりますが・・・。この「ポプ・コン」からは
    中島みゆきなんて、 天才的な人も出てきておりますが・・・。
    それに因幡アキラにツイスト・・・。

    それにしても赤い鳥はすごい実力をもったグルーブでしたね。
    二つに分裂した後の、「ハイファイ・セット」のファンでした。

    > => いつも「友よ」を歌っておりました。
    >
    > そうでしたね。
    > 私たちも、最後には必ず全体合唱していました。

    それと、五つの赤い風船の「遠い世界に」なんかも
    よくみんなで合唱しましたよね。あの、西岡さんの弾く
    アメリカン・ハープは最高でしたね。

    > 苦労していたのかなぁ・・・?

    松山千春さんなんかは、すっかり髪がなくなってしまいしまたね。
    みんな苦労したんでしょうね。私も人のことは言えませんが・・・・。

    --------------------------------------

    パフ 訳詞

    パフは魔法のドラゴン、海のそばに住んでいた。
    秋の霧が立ち込めるホナリー島で、楽しそうに遊んでいた。
    小さなジャッキー・ペーパーはいたずらのパフが大好きで
    紐やロウや、面白いおもちゃ
    いつも持って遊びに来た。

    パフは魔法のドラゴン、海のそばに住んでいた。
    秋の霧が立ち込めるホナリー島で、楽しそうに遊んでいた。
    パフは魔法のドラゴン、海のそばに住んでいた。
    秋の霧が立ち込めるホナリー島で、楽しそうに遊んでいた。

    パフとジャッキーは旅をした。
    帆をいっぱいに膨らませた船に乗って
    パフの大きな尻尾に座った。
    ジャッキーは見張り番
    高貴な王様と王子様は彼らに出会うとおじぎした。
    パフが大きな声で名前を告げると、海賊船は旗を降ろした。

    ドラゴンの命は永遠だけれど、少年は子供のままではいられない。
    手作りの旗や大きな輪っかは
    やがて他のおもちゃに置き換えられる。
    ある暗い夜、そのときはやってきた、ジャッキーはとうとう来なかった。
    その日から無敵のドラゴン、パフは
    大声で吠えることはしなくなった。

    悲しみでうなだれるパフ、
    緑色のうろこは雨のように剥がれ落ち、
    昔遊んでいた桜の道にも、もう行くことはしなくなった。
    大事な友達がいなくては、もう勇気も奮い起こせない。
    無敵のドラゴン、パフは
    悲しそうに自分の穴に帰っていった。

    # 4番・5番の歌詞はグッとくる、、(O.;)



    関連記事

    ウルトラQ

    ミラージュさん、こんばんは!

    > ウルトラQ好きでした。円谷英二もかなり力を入れて
    > 作っておりましたね。もっとも、もともとアメリカ映画の
    > 「トワイライトゾーン」をモチーフ(パクリではない)に
    > しているようですが・・・・。


    ウルトラQ、良かったですね~。
    あのナレーションが効いていたです。
    怖いものからコミカルなもの、そして怪獣まで。
    あれは画期的な番組だったのではないでしょうか。


    > 特に、「悪魔っ子」は傑作
    > でしたよね。今でもはっきり覚えております。私の
    > 妻も覚えておりまして、思い出すだけで、ぞっと
    > してくると言っております。女の子の魂だけが
    > 彼女が寝ている間に抜け出して、あちこちで
    > 「悪さ」をする物語です。




    おお、そうですか。すみません、僕は「悪魔っ子」覚えて
    ないです。レンタル店で借りなくっちゃ!


    僕の印象に残っているのがケムール人の登場シーン。
    その時は両親が出かけていて、年の離れてる兄(今49才)
    と毛布の中にくるまって見たような記憶があります。
    その後、数年間そのシーンが何回も夢に出てきました。



    かすかな記憶なのですが、その頃、トワイライトゾーンとか
    ヒッチコック劇場のような雰囲気の日本版がありません
    でしたか?


    番組の最初かまたは最後に、棺おけからミイラが
    出てくる、もしくは入る?のが怖かった。
    谷啓が番組の進行をやっていたような・・・
    もしかしたらミイラではなくて谷啓だったかも・・・
    もう34、5年前のことで内容は全然覚えてないのですが。



    > ひょっこりひょうたん島も夢中で見ておりました。
    > 少し前に、リメークされたのを見たのですが、
    > 「ガバチョ」の声が変わっていたので、一遍に
    > イヤになって、やめてしまいました。



    そう、声が変わると、もうそれだけでダメなんですよね。
    オバQも声が違いましたよね。


    それとNHKの子供向けでアニメと実写が合成されてるかわいい
    宇宙人のドラマ?がありませんでしたか?円盤も出てきたような。
    でも、もう、その頃は見られてなかったでしょうね・・・。



    >「お笑い頭の体操」でマンガ家の「はらたいら」が
    > 次から次へと正解をするのでびっくりしておりました。


    あ、その「はらたいら」さんはクイズダービーですね。
    竹下景子も出てました。
    「月の家円鏡」がお笑い頭の体操。


    > しかし、これは後から大橋巨泉がばらしておりましたが、
    > 「やらせ」だったようですね。「一応、全員に解答を教えて
    > おくのだが、はらくんだけは、物覚えが悪くて困った。」と
    > 雑誌に書いておりました。





    ありゃりゃ、大橋巨泉、ばらしちゃってたんですか。
    そりゃ知らなかった。教えているに違いないけど
    その確証がないところが良かったのに。
    そしたら土曜日の「世界ふしぎ発見」の黒柳さんは
    ぜったい!ですね・・・


    > 私の名古屋時代の職場に東海テレビの制作局にいた女性が
    > 転職してきたのですが、クイズ番組は、すべて脚本がある
    > そうです。つまり、誰がどこで正解を出す、あるいは誰がどこで
    > 笑いをとる・・・と言った・・・・。だから面白いんですよね。


    笑いをとるところまで決まってるんですね、ああ!


    > ところで、「ジェスチャー」も、脚本があったそうですね。


    おお、ジェスチャー!懐かしいですぅー。



    > 引田てんこうが始めた催眠術モノも、あれは「やらせ」だそうです。
    > これは、それに出演していた、今では大御所となった落後家が
    > ばらしておりました。彼は、まだ売れないとき、それに出て、かか
    > ったふりをして裸になったりしたことがあると言っておりました。


    その後も催眠術ものありましたよね。みんな踊り狂っちゃうとか。
    そんなのも全部ウソなのでしょうか。Mr.マリックも最初、衝撃的
    でしたね。あんなに接写してるのに本当にコップの底を500円玉が
    通るように見えるんだもの。それもどっかのバカが本出して
    ばらしちゃった。そいつにはホント、バカヤローって言いたい。
    #その本買っちゃたけど・・・



    1999.11.12 ML

    --------------------------------------------------------
    1999年当時はISDN回線がやっと家庭に普及し始めた頃で
    ネットでこれほど様々な動画を見られるように
    なるなんて思ってもみなかった。

    こうやってyoutubeで子供、幼児期のかすかな記憶までも
    検証できるようになるなんて、すごい世の中になったもんだ~

    さあ、半世紀前へタイムトリップ♪


    関連記事

    ANNIVERSARY 松任谷由実

    H26年4月1日

    いつもは見ないモーニングショーTVの今日の運勢。

    ※なぜ、最後に一番悪い星座を発表するんだ!?

    運勢になったらすぐにチャンネルを回すんだけど、

    この日はなぜか一番良い運勢で。
     
    ヘ(^o^)/

    さて、仕事行かなくっちゃ、、



    その夜、仕事が終わって部屋へ戻って何気なく

    TVつけたら、ちょうど一瞬

    (O_o)WAO!

    ----------------------------------------------------------

    娘とデート

    今日は梅雨の中休み!お昼からうちの娘とデートしました。

    最初、お兄ちゃんと、どこへ行きたい、ここへ行きたいと
    ケンカをしてしまって、しょうがないから今日はお兄ちゃんが
    うちの奥さん、下の娘はお父さんと一緒に行動ということに
    なってしまったのです。

    (今まで娘と2人っきりで遊びに行った事はありませんでした)

    で、最初に行ったのが海。浜ではなくて堤防のあるところで、
    釣りをしている人が結構いました。静かな海でした。
    2人で手をつないで歩きました。

    娘の言葉:

    「海っていいねー。
    今日、初めて見たのがクラゲでしょう、カニさんでしょう、
    それとまずそうなお魚さんとフナ虫、うー気持ち悪かったー。
    明日、先生に絵に書いて教えなくっちゃー」

    うちの娘は今の担任(男)を気にいってます。(ハンサムでは
    ないけど、おもしろくてやさしい先生みたいです)

    そのあと、そこのすぐ近くの公園で遊びました。

    「今日は楽しかったねー!
    お父さんはどうだったー?」

    「おもしろかったー」と私。

    「ああ、良かったー。私も今日が一番楽しかったー!
    だってねえ、お母さんとかお兄ちゃんとかいっしょだったら、
    あれしちゃいけないとか、これしちゃいけないとか、
    すぐ、帰ろうとか言って、いつもおもしろくないんだもん。
    お父さんと私はいいコンビだよねー」

    ううっ、うれしいー!

    1999年6月20日

    ----------------------------------------------------------

    子供好き

    君は多くの愛に包まれてきたんだ

    そう思わせる魅力的な女性に成長していた。

    ----------------------------------------------------------

    お兄ちゃんと一緒に出てきたね

    少しづつ若くなって
    赤ちゃんになってハイハイして
    また大きくなって

    お兄ちゃんと入れ替わったりして

    そして
    膝に乗ったきみは
    「ねえ、どっか遊びに行こう」

    「ねえ、どっか遊びに行こう」

    って

    お父さんの顔を見上げて何回も言っ た

    こんなにはっきり会えたのは
    初めてだったよ  

    2008.1.22 

    ----------------------------------------------------------

    偶然とは奇跡の一種である。

    と思う。



    娘がほんの一瞬TVに映ってた。
    その一瞬に出会えた奇跡。

    神様に感謝の一日

    関連記事

    Enya Wild Child

    久しぶりの更新。昨年の6月に
    下書きフォルダに入れたままだった記事。
    --------------------------------------------------------------

    島原ではケーブルTVで福岡の局が入るんだ。

    土曜の深夜3時~4時台(日曜の明け方)に
    テレビ西日本のMUSIC&WEATHERと言う
    タイトルの天気予報で幻想的な天体写真を
    背景にこのEnyaの曲が流れている。

    その映像がyoutubeにないかと
    探してみたけど残念ながらない。



    Wild Child 訳詞

    目を閉じて 立ち止まり 耳をすましてごらん
    ほら生きてるんだと 感じるでしょう

    何も見失ってはいないの
    理由など要らない
    日々をなすがままに過ごしましょう

    雨はそのまま降らせておきましょう
    あなたの周りのいたるところで

    今はそのまま降らせておきましょう
    日があなたを包むままにさせておきましょう
    理由など要らない

    雨はそのまま降らせておきましょう
    今日を生きる事 上手く過ごすのは大変よね 
    だって一日とはまるで 腕白な 子供みたいだから

    充実した時を過ごすのよ さまざまな迷いの中から
    日々あなたはきづくはず
    あらゆるものが上手く廻っていることを

    わけなど 要らないわ 
    日々を流れ行くままに過ごしましょう

    夏の眩しい陽射し
    冬の黄昏時
    春が訪れる 喜び
    秋の落ち葉の光景

    わけなど 要らないわ
    全てを自然に流れ行くままに
    過ごして行きましょう

    今日を生きる事 上手く過ごすのは大変よね。
    だって一日とはまるで腕白な子供みたいだから

    今日を生きる事 上手く過ごすのは大変よね。
    だって一日とはまるで腕白な子供みたいだから

    今日を生きる 上手く過ごすのは大変よね
    だって一日とはまるで腕白な子供みたいだから

    今日を生きる事
    上手く過ごして行くのは大変よね

    上手く過ごしていくのは本当に大変だわ
    だって一日とはまるで腕白な子供みたいだから

    今日を生きる事
    そうね、一日とはまるで腕白な子供みたいだから

    -----------------------------------------------------------------------------
    天体写真と一緒にこの曲が流れると、深夜のことも
    合いまって、なぜか懐かしく、ふわふわと幸せな
    気持ちになってくるんだ。

    関連記事

    犬に襲われる子供を助けるネコ

    久しぶりの更新(^_^;)
    もう前のことになるけれど
    たまたまTVニュースを見ていたら
    この映像が。



    すごいネコがいたもんだ~ヘ(^o^)/

    関連記事

    反日の実態

    憎しみは憎しみを生む無限のループ。



    笑止千万。
    この歌詞そっくりそのままお返ししよう。

    ウソの歴史を教え込まれているのは
    そっちの方なんだよ。

    そして、 悲しいことに
    多くの日本人もその捏造された歴史を
    半ば信じ込んできた。

    もし、まだそのことに気づいていないなら
    ぜひ自分で調べてほしい。
    ネットには様々な情報が流れているし、
    書籍も色々販売されている。
    amazonなら読んだ人の
    レビューもあり選びやすい。

    学校や公共図書館に
    これら日本の真実を教える本は
    どれほど置いてあるんだろうか。

    それこそレンタルビデオ店のように
    同じ本を何冊も並べて多くの
    日本人が読めるようにしておくべきだ。

    日本語を勉強している隣国人も
    できるなら、ぜひニュートラルな心で
    これらの日本語の本を読んでほしい。

    マインドコントロールは簡単には解けないだろうが、
    相手の言い分を聞いてみることは大切だろう?

    関連記事

    パッヘルベル カノン

    クラシックの名曲


    この曲を聴いて思い出すのは
    とても印象的に使われてた
    映画「猟奇的な彼女」

    あの頃は全く何も知らず、韓国の映画や
    音楽を好きになり始めていた。 韓国語さえ
    心地良いと思うほどに。
     
    しかし、、国のトップから末端まで日本を
    ヘイトし続けてる国だったなんて、、
     
    と、いかん、、
    こんな話をするつもりじゃなかった。

    もう一度、この曲を聴いて優しい気持ちに。

    映画としてはやっぱりいいんだよなぁ。
    まだ見てない人は
    だまされたと思ってぜひ見て欲しいな。

    カノンのロックバージョンはyoutubeに沢山あるけど、
    小学2年生!? こりゃスゴイ!


    興味深いblogがあったので
    カノンと日本のヒット曲

    関連記事
    プロフィール

    zin

    Author:zin
    長崎の会社員です。日記代わりに書いてますが、うんイイネ♪って共感してもらえたら嬉しいです。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧
    sakanananokana*nanohana
    しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
    リンク
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。